猫にお留守番を覚えさせる!

仔猫たちがお留守番できるようになるまで

我が家にやってきたエルと康太、
何はともあれ二匹でお留守番できるようになってもらわないとね

猫たちが家に慣れてきたら、お留守番してもらうよ!

私の仕事は在宅、というか自由業。

なので、基本的には自宅にいるけれど、
たまには夫婦二人で飲みにも行きたいし、
休みの日にデートへも出かけたい!

だから、エルと康太には
お留守番を覚えてもらうのだ(*´o`*)

別に人間のお留守番ではないから、
掃除しておけとか洗濯ものを取り込んでおいてなど頼む訳ではない。

二匹一緒なので寂しいという事もない。

要は、やってはいけないことを覚えてもらうだけ

人間がいる間は、どの部屋でも好きに出入りできるようにしている。
(トイレや風呂場の戸は閉めてあるが)

お留守番の時は、リビングと廊下の戸を閉めるので、
1LDKのスペースで過ごしてもらいたい

リビングには私と夫の机があり、PCやテレビもあるし、
キッチンテーブルには調味料なども置いてある。

テレビを倒さない、ケーブルを噛まない、
机・テーブルやシンクに乗って荒らさない…

こういう(人間にとっての)悪さは、
いたずらする度にしつけていって覚えてもらう。

で…
我が家のルールを覚えてくれるまでの間は、
寝室でお留守番してもらった

何故なら、寝室には何もいたずらできるようなものがないから(笑)
(布団や枕はクローゼットに仕舞ってるので)立てかけたマットレスだけ。

あとはお留守番してもらう時に、
トイレと爪とぎ、お水、アルパカ風マット(寒い日は電気マットも)を寝室へ置いておく。

寝室でのお留守番はまだ練習なので、
留守番と言っても近所での食事や買い物などせいぜい1時間程度

最初の頃はマットレスが倒れてたり、
水飲み用のお皿がひっくり返ってたりしたが、
何しろ、物がないのでせいぜいがその程度(笑)

帰ってくると二匹ともシレっとした顔でお出迎えしてくれる。
[ad#ad_tochu]
その内、ケーブルも噛まなくなったし、テレビも倒さなくなった。
机は食べ物がないので乗らなくなった。
テーブルやシンクも、余計なゴミを残さなければ(ほとんど)乗らなくなった、かな?(笑)

猫のしつけや猫の飼い方の本などを見ると、
ケーブルなどは猫が噛むといけないのでケーブルカバーをしておけとかあるが、
我が家のケーブルすべてにカバーをかけるのは困難だ。

何しろ、二人とも仕事がIT系で
家の中にはPCとその関連機器がてんこ盛りなのだ。

それに、私たちの方針としてはダメなものを隠すよりも、
やってはいけない事を覚えてもらいたい

なので、ケーブルは噛んではいけないものなのだ!
ということが分かるまで教えた。

幸い、ずっと家にいるので、
ケーブルを噛んだらすぐ叱ると言うことは可能だったし。

そうこうしてひとつずつルールを学んで、
いよいよお留守番ができそうな感じになってきた。

エルと康太が家族になって以来はじめて、
私と夫は近所へ飲みに出かけてみたが、
二匹とも仲良くお利口に留守番していてくれた!

お留守番ができるようになるまで約3週間。
エルも康太もとってもお利口さんだわ!

もちろん、今でもいたずらはする。
一番困るのは、康太いまだに爪楊枝大好きなこと(¯―¯٥)

割り箸は食べなくなったが、
爪楊枝は大好きで繊維になるまで噛む。
なので、爪楊枝は食器棚の中にしまった。
IMG_0574▲康太は登れるが降りるのは苦手(笑)なので、お留守番が終わると私が下ろしてあげていた
IMG_0571▲寝室に立てかけられたマットレスの側面にすっぽりはまってお留守番するエルと康太
IMG_0573▲マットレスの横幅(セミダブルなので120cmちょい)くらいは余裕で飛び乗るエルと康太

※この記事は2013/11/28に投稿したものです。

[追記]
今では全部屋行き来できるように開放した状態でも
お利口でお留守番できてます!(笑)
IMG_3074▲おすましポーズの康太
IMG_3183-▲窓の外を眺めるのが好きなエル
(手すりから出ないよう貼っておいたガムテの残骸w)

▼クリックで応援お願いします(=´∇`=)
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ



コメントを残す