日本製のキャットタワーはどれくらい使えるのか、壊れるときはどうなるのか?

購入から3年で母宅のキャットタワーが破損

猫を飼ってる人の多くはキャットタワーを使ってることと思います。

キャットタワーを買う時はいろいろ悩みますね。

天井に突っ張るタイプが安全だとか、据え置き型の方が良いとか。
段がいっぱいで遊べるのがいいとか、ある程度の高さがあれば良いとか。

我が家では日本製というのを猫タワー選びのひとつの基準にしました。

また天井突っ張りタイプも悩みましたが、猫がタワーで寛いでる姿が見られないのは寂しいので、自分の身長に合った高さのものを選びました。

我が家に設置されたキャットタワーを見て、母も同じタワーを購入しています。
時期的には3ヶ月違いです。

母の方は猫一匹、うちは猫二匹ですが、母の方のキャットタワーが先にダメになりました。

その前に、爪とぎ棒がダメになったので、パーツで購入し取り替えてその後も使っていました。
(麻縄が剥がれて爪が研げなくなった)

ところが、母からいよいよタワーが壊れたとの連絡がありました。
どの部分でも壊れたらパーツ買いして交換できるので、壊れた箇所を確認してみると…

猫が最も好む最上段のパーツが壊れたとのことでした。

▼最上段が破損したキャットタワー
最上段が破損したキャットタワー

最上段のベッドパーツが丸っと取れています。

▼キャットタワーの破損した部分
キャットタワーの破損した部分

最上段の支柱のネジ穴がガバガバに壊れていますね。

買う前には分からないキャットタワーが壊れるときの様子

母曰く、気がつくと最上段のベッドが斜めっていたそうです。
千代ちゃん(母猫)は斜めっているのを気にせず、最上段で寛いでいたらしいですが…

変に思った母が触ると、最上段のパーツがスポっと取れたとのこと。
千代ちゃんが高いところから落ちたりケガをしなくて良かったです。

それにしても、うちではデブ猫(5kg超えと5kg近い)が2匹。
しかも、連日大暴れで猪のようにタワーに突進したり、最上段を取り合ってプロレスした挙げ句どちらかが転げ落ちたり…

それでも今のところ、壊れていません。

母のところは、3kgちょいの痩せたお嬢様猫が一匹だけです。
母の膝に乗るのが大好きな非常に大人しい猫なので、どうしてうちのタワーより先に母のところのタワーが壊れたのか疑問です。

恐らくですが…原因は猫ではなく、飼い主の方にあると思います。

我が家のタワーは設置以来、場所移動をしていません。
掃除の時も、タワーをどけて掃除機をかけることはしません。
位置がずれてれば直すくらいです。

一方、母は掃除や片付け、模様替えが趣味という人。
掃除はこまめで、猫の毛一本残さない徹底ぶりで、そのたびに動かします。
また季節ごとに家具の入れ替えをするので、それに合わせてキャットタワーも動かします。

キャットタワーをひんぱんに動かすと、その分、支柱をはめているネジ穴が摩耗していくのでしょう。

掃除や模様替えが好きな人は、キャットタワーを動かす時に底面部分を持つようにするなど注意すると長持ちするかも知れません。

今回はネジ穴の摩耗で最上段のパーツが取れてしまいましたが、母は同じタワーのパーツを再購入しました。

1万円を越えるキャットタワーですが、爪とぎ棒と最上段のベッド部分と、二度のパーツ交換をしながらも、もう3年間使っています。

安かろう悪かろうで、かわいい猫にケガでもされたら困りますからね。
日本製で安心の、長く使える良いキャットタワーです!!

最近の写真〜さび猫エルと真っ黒康太

横綱エルときかん坊康太の写真を少し載せます。

▼お布団の中のエル
お布団の中のエル

エルは夫が大好き。
ふだんは二人一緒に寝ていても、エルは夫のところにしか行きません。
が、新年早々熱を出してダウンしていたら、ちょっとだけ私の胸の上に抱っこしに来てくれました!!
うれしいので、記念撮影(笑)

▼香箱座りがおかしな康太
香箱座りがおかしな康太

康太はちょっと変形の香箱を作ります。
前足を内側へ折らずに、揃えて出すのが康太のスタイルです。

▼マッチョな横綱猫エル

マッチョな横綱猫エルマッチョな横綱猫エル

エルには少し小さいかなと思っていた箱に入ってます。
デブ過ぎて、ボディビルダーがポージングしてるみたいになっています。
手足は細いのですが、脇や肩周りがだぶついてますね。

▼エルのあくび
エルのあくび

夫のお下がりでもらったiPhoneでLive Photosというのが撮れるようになりました!!
小さな顔をして、口が大きく開きます。

▼フラッシュを浴びる康太
フラッシュを浴びる康太

私の膝の上で写真を撮ろうとしたら、フラッシュが自動でONになってしまいました。

猫用プレミアムフードをちょい足ししたい時におススメのショップ

2年以上送料無料で買い物できているネットショップ

※ 最新のさび猫エルと黒猫康太の写真は下部に11枚載せています。

キャットフードは量を買うと重くなって大変なので、ネットで買うようになりました。
ネットだと、リアルのショップよりもプレミアムフードの品揃えが充実していて便利です。

爽快ドラッグだと税込1,900円以上、爽快ペットストアは税抜 4,000円以上の買い物で送料が無料になるので、だいたい送料無料と言えます。
ただ、どちらも取り扱ってるプレミアムフードの種類は少なめ。

有名どころは抑えているけども、そうでないプレミアムフードを買おうとなると別のショップを探さないとダメです。

私のお気に入りは犬と猫のJohn&Coco、2014年から利用しているけどずーっっと送料無料
いま(2016年12月)見ても送料無料でした。
通常は2,500円以上の買い物で送料無料だけどキャンペーンで送料無料にしてるようです。

商品自体は激安ではなく、他で最安の商品+送料で買うよりも安いという感じです。
(同一商品を大量に買うには安くない)

でも、1種類だけ買いたいというときには多分、最安にできます。

うちでは価格帯の安いもの、有名でどこでも買えるものをメインにしています。
メディファスサイエンスダイエット
それに、エルや康太が気に入ったもの、それぞれの体調に合わせたものをプラスしてあげる感じです。
FORZA10 ミスターフルーツハッピーキャット

ジョンアンドココは、追加であげるプレミアムフードにピッタリな品揃えで、しかもこれまでずっと送料無料ということで非常に重宝しています。

  • いつも同じプレミアムフードだから、たまには違うものをあげたい
  • 他のプレミアムフードを試したいけど、送料無料にできるほどまとめ買いは無理
  • いろんなプレミアムフードを試してお気に入りを探してあげたい
  • 珍しいプレミアムフードを食べさせてみたい

というような場合には、最適なお店だと思います。

興味のある方は、犬と猫のJohn&Coco ジョン&ココのサイトを見てみて下さい。

最近の写真〜さび猫エルと真っ黒康太

エルと康太の写真を少し載せます。

▼膝に乗せてとおねだりするエル
膝に乗せてとおねだりするさび猫のエル

私の膝に乗ってくれるようになったのは、うちに来て一年近く経ってから(汗)
今では乗せて〜と、トントンしてきます!!

たいがい食後で、おそらくご飯のお礼の抱っこです。
まあ、いわば義理だっこですね。
それが証拠に、私の膝に乗る時は必ずそっぽを向いています。

私はエルの美人な顔をガン見したいのですが、お尻を向けてしか乗ってくれません。

エルは夫が大大大好き。
夫の膝の上に乗る時は、必ず夫に正対しています。
むしろ首のあたりに手をかけて顔を寄せて抱きついてます。

なので、例え義理でも私の膝の上に乗ってくれて、それはそれでありがたいですよ…

▼お腹モフモフが丸見えのエル
お腹モフモフが丸見えのさび猫エル

正対しているのを無理やり引っ繰り返して抱っこしなおしたところです。
(私がエルのお腹にモフりたいので)

大好きな夫の膝の上であられもない姿をさらしています。

▼今年のホットマットに一番乗り
今年のホットマットに一番乗りするさび猫のエル

秋の終わり、寒がりな夫の足下にホットマットを出したところ、エルが一番乗りしてきました。
洗い立てのシーツなども同様に、毎回エルが一番に乗っています。

▼箱入り娘(意味が違う!!)
箱入り娘(意味が違う!!)のさび猫エル

箱、袋、プチプチなどおよそ猫が好きそうなものが大好物なエル。
宅配便などで段ボールが来ても、数日間エルが満喫してから捨てます。

▼狭いビニールに無理やり入るエル

ギリギリの大きさのビニルに入るさび猫エルビニルに入るさび猫エル



(左)ギリギリの大きさの袋にも強引に入るエル
(右)自力では脱出できなそうなので、この後先端を切ってあげました。

▼梱包材がたっぷりの段ボール箱に入るエル
梱包材がたっぷりの段ボール箱に入るさび猫エル

静電気を起こして、こういう梱包材にまみれていた猫の写真をネットで見たような…
壊されたくない箱なので、この後フタを締めて片付けました。

▼さび猫エルと黒猫の康太
さび猫エルと黒猫の康太

私の足下に二匹揃った写真。

▼康太は私が大好き
康太は私が大好き

康太のアップ写真です。
なぜか私が好きなようで、意地悪しても懲りずにそばにいます。
ブサイク過ぎて、もう、むしろそこがかわいく見えてきました(笑)

▼おかしなポーズで居眠りする康太

おかしなポーズで居眠りする黒猫の康太思わずアップで撮りたくなる黒猫の康太



ふっと見ると、康太が変な格好をして寝ていたのでパシャリ。
康太の寝顔はいつも堂々としていて男らしい気がしますね。
こういうのを見ると、思わずアップの写真を撮りたくなります→撮りました。

今回は、以上です。