猫の手作りおもちゃ【ふさふさ付き形状記憶っぽい組紐】

誰でもカンタン!組ひもを三つ編みするだけのオモチャ

不器用な私が三つ編みで作ったオモチャが既製品と似たものに仕上がった(笑)

私にはどういう訳か、
猫のおもちゃを手作りしたいという願望がある
お金をケチりたいとかそういう意味じゃない。

多分だけど…
自分で作ったおもちゃで
猫が夢中になって遊ぶ姿を見て
「(๑´ლ`๑)ムフフフ♡」とか悦に入りたいのかな?

猫の専門家とか研究してるスタッフより、
私の方がこの猫たちの喜ぶツボを理解してるんだ!
的な自己満足に浸りたいのかも…

けど、じゃあ裁縫や工作が得意なのかと言われると、
むしろまるでダメ(´-﹏-`;)

裁縫はせいぜいできてボタン付け、
ミシンも使えない、編み物も当然できない。

工作はもっとひどい。

ネットで見たAmazonの段ボール箱を再利用した書類トレイを作ろうとして、
日曜に丸一日費やして必死こいた挙げ句、
夫に「それゴミを使って、新たなゴミを作っただけだよね…」と言われた。

型紙までプリントしたけど…
確かに、出来上がったのは切り貼りしてある只の段ボールゴミ。

私の休日は何だったんだとションボリしながら、
結局そのまま捨てたっけ。

夫曰く「何でも《だいたい》の人間には作れない」そうです(^^;
とにかく、工作もダメ!

そんな私ができるのは三つ編みくらい(笑)
だから、誰でも絶対簡単に作れるレベルなので安心してね!


【ふさふさ付き形状記憶っぽい組紐の作り方】

①組紐を適当な長さに3本ほど切る
※今回、私は極太の組紐を使いました。
②端っこを麻の紐できつく縛る
③三つ編みに編んでいく
④編み終わりは、ふさふさの分少し長めに残して、麻できつく縛れば出来上がり!
IMG_1993
【ふさふさ付き形状記憶っぽい組紐】康太がちょっかい出してきてるのはご愛敬(笑)

三つ編みを編む時に、
なるべくギチギチにきつく編んでいくのがポイント
です。

そうすると出来上がりが蛇っぽく?なります。
引っ張れば真っ直ぐになるけど、手を放すとまた蛇っぽく?戻ります

出来上がりを見たら、何かペットショップで買ったおもちゃに少し似てた(笑)

IMG_0501 にゃんデント コットンでハミガキ(ループ/スティック)

左は私が300円で買ったやつ。
でも、今ネットで見たら200円以下で買えるね…

【ふさふさ付き形状記憶っぽい組紐の遊び方のコツ】

何となく練習的に作ってみたんで、
あまり遊び方は考えてなかった(^^;

でも、エルと康太が勝手に遊んでくれた感じでは、噛んで引っ張りたいらしい。

目の前でチラ付かせて、
右へ左へ走らせるのも良し。

ジャンプできそうな台があれば、
そこへ飛び乗らせるも良し!
IMG_0443▲康太が組紐のおもちゃで遊んでるところ
l131101-2-▲タワー型爪とぎの天辺で組紐のおもちゃに食らいつくエル
(ちょい怖なとこが可愛い^^)

※この記事は2013/11/25頃に投稿したものです。

追加。
約一年ぶりに組ひものおもちゃで遊ばせてみたwwww
IMG_3234
IMG_3243
仔猫時代はこの程度のおもちゃでも発狂して遊んでくれたんだけどな〜

手作りおもちゃは人間もハードに動かないと遊べない

棒+ひもの先についてるオモチャやレーザーポインタなど
人間が楽できるオモチャに慣れてしまうと厳しい(^^;

▼クリックで応援お願いします(=´∇`=)
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ



コメントを残す