猫のプレミアムフードの話(2)

IMG_2938

猫のプレミアムフードの話(2)猫を健康で長生きさせたい飼い主さんに

犬と猫の健康 アンバサダー・プログラムのモニターに当選したので、猫のプレミアムフードについて書くね!

猫のプレミアムフードって何?という人は、まず『猫のプレミアムフードの話(1)』から読んでね!!

猫の健康について気にし始めたら、まずプレミアムフードの存在を知るよね。

それで、悩む。
「どのプレミアムフードがいいの?」って。

そういう人には、あえてこう答えたいです。
「プレミアムフードなら、どれでもいいよ!」って。

どのプレミアムフードが良いかより、プレミアムフードでないキャットフードを食べさせないってのが大事。

一番問題なのは、プレミアムフード以外の場合、
4Dミート(※)が使われていたり、保存や見た目の良さのために危険な添加物が使われているかも知れないってこと。

もうひとつ重要なのは、猫と人間では摂取すべき栄養と、逆に撮り過ぎてはいけない栄養が違うってこと。
リンやマグネシウムを摂り過ぎるなとか、タウリン摂れよとか。

もちろん、ライフステージによってもそれは違う。
だから、プレミアムキャットフードは、たいてい仔猫用/成猫用/シニア猫用に分かれている。
人間だって赤ちゃんと大人と老人では食べ物が違うからね。

①危険な材料や添加物
②必要な成分と摂りすぎ注意の成分
③年齢差

これらを考えて作ってあるのがプレミアムフードだから。

穀物不使用とかもっと詳しく知りたい人は、プレミアムフードの販売会社のサイトとか、いろいろ調べられると思うんで、あとは自分で調べて下さい。

※死んだ動物の肉(Dead)・死にかけてる動物の肉(Diseased)・病気の動物の肉(Dying)・障害のある動物の肉(Disabled)のこと。
人間の食事には使えなくてもペットフードならいいか的に使われていた(いる)ことも。

プレミアムフードをあげるなら、あとは猫の好みの問題。

粒の大きさとか、テイスト(魚か肉か、野菜や果物入りか)とか。
猫だって好き嫌いはあるよ。
うちも2匹しかいないけど、2匹ともまるで好みが違うし。

お腹が弱いから消化器サポートにしようとか、
室内飼いで運動不足だから太りやすい猫用にしようとか、
長毛種だからロングヘアー 猫用にしようとか…ね。

あとは、人間の都合も考えて買えばいいんじゃないかな?
メディファスとピュリナONEならたまに行く大型スーパーで買えるわ!とか、
ロイヤルカナンとサイエンスダイエットなら近くのペットショップで買える!とか。

最近はネットで買う人も多いから、ネットショップでの単価の安さと送料無料サービスとかね。

うちがそう。
うちは主食=ロイヤルカナン、サブで他のいろんなプレミアムフードをお試ししてる。
だから、まずはロイヤルカナンが安く買えるところを見つけて、そのショップで一緒に買えるプレミアムフードをあれこれ試してる。

でも、どのプレミアムフードから試していいか、分からな〜い(><)と言う人には、
有名どころで、

このあたりからトライしてみるのがおススメ!

有名だから買いやすいし、年齢や体質ごとに色んな種類があって選びやすい。
(サイドバーに【猫のプレミアムフード】載せてるんで、そこも参考にしてね)


そこまでしてプレミアムフード?

「わざわざ一般的なキャットーフードより高いお金出す意味あるの?」
「でも…お高いんでしょう?」

スタートしては、キャットフード会社で結構キャンペーンやってサンプルのプレゼントとかしてるし、ペット用品扱う店でも店頭で試供品配ったりしてる。

だけど、正直言えば、プレミアムフードをあげたからと言って「よし、これだ!!」と言う実感はない。
それが数日分でも、一ヶ月分でも…

短期間で違いが分かるのは、
体重制限用のフードとか、お腹弱い猫用フードとかくらいじゃないかな?

ふつうの食事では、あまり気づかないよね?

もしかしたら、毛づやが良くなったとかあるのかも知れないけど…
室内飼いの健康な猫だと、短期間ではプレミアムフードとそれ以外の差は分からないよね。

「プレミアムフードで育てて良かった」と思うのは、少なくとも数年単位で先の話。
それだって「長生きしてくれたし、やっぱりプレミアムフードにして良かったかな」と言うくらい。
ガツンと衝撃受けるようなのじゃなくて、穏やかな満足感ね。

うちの前猫は、21才まで長生きしてくれた
死ぬ直前まで元気いっぱいで、21才でこんなに元気な子見たことないと言われたよ。

6才の時、職場のお局様にシニア向けのフードにしなさいと言われて、素直に従っただけなんだけどね(笑)
プレミアムフードという認識はなく、健康に気遣ったシニア向けのフードくらいの認識だったし。

それでも、私の周りには20才を越える猫の飼い主はいなかった。
「さすが、私の愛娘!!ギネス記録を更新だ!!」って自慢だったね。

母の前猫は、ふつうのキャットフード食べてたけど12才くらいで病気して、それから病院で購入したドクターズダイエットに食事を変えて2年間生きて、14才で死んだ。

母の前猫と私の前猫は1才違いだったから、私の前猫が21才まで元気で、すごくうらやましがってた。
そういうのでしか、プレミアムフードのありがたさには気づけないし、日常は感じない。

だから、結局は、人間が「うちの猫には健康で長生きして欲しい!」と思うかどうか。
飼い主の意識の問題だと思う。
猫に健康で長生きしてもらいたいと思うなら、プレミアムフードがいいよ。

犬と猫の健康 アンバサダー・プログラムのモニターに当選して届いたロイヤルカナン

犬と猫の健康 アンバサダー・プログラムのモニターに当選して届いたロイヤルカナン

ちなみに、3袋入ってました。
1袋は猫飯用タッパーへ開けちゃった。
ふだん、エルと康太にあげていたのが、これ→

インドア 成猫用のロイヤルカナン。


今回モニターに応募して、年齢(月齢)や体重を書いて届いたのは、こっち→

適正体重の維持が難しい猫用のロイヤルカナン。
食欲旺盛、避妊・去勢で太りやすい猫に、って(笑)

IMG_2909IMG_2905IMG_2908▲黒猫・康太のアホアホ踊り3連発(笑)
一日中こうして床で踊ってます!!
IMG_2830▲キャットタワーの最上段でお目々を隠しながら昼寝するエルIMG_2861▲段ボールや袋が大好きなエルIMG_2938▲顔半分のきゃわたんエル嬢

※この記事は2014/6/16頃に投稿したものです

猫のプレミアムフードの話(1)

我が家の黒猫・康太はよく変な踊りのポーズで寝てる

猫のプレミアムフードの話かわいい猫を長生きさせるために!!

家族として猫を飼ってるならプレミアムフードについて知っておこう

いまは、ふつうにプレミアムフードをあげてるけど…
ほんの半年前まではプレミアムフードって何?」って感じだった(汗)

たまたまと言うか、前猫の時はシニア年齢になってから
サイエンスダイエットがメイン食になった。
(猫も年を取ったら、年寄り用の食事にしろとアドバイスされた)

その後は、母の前猫が死んでしまい、
買いだめしてあった食事を譲り受けた。

それがたまたまノバルティスのドクターズ ダイエットで、
前猫は案外美味しそうに食べてた。
それ以降、死ぬまでドクターズダイエットがメイン食になった。
(腎不全になって療養食に変えたが、もう食事はできなかった)

私がメイン食と書いてるのは、8〜9割方がドクターズダイエット(もしくは、サイエンスダイエット)で、残りは近所のペット用品ショップで高齢猫用の餌を飼い、混ぜてあげてた。
(前猫は21才まで生きてたので)

『日本製』と言うだけで、どんなものでもグンと信頼度が増す。
家電や食品、生活用品の細かいものに至るまで、私の中で日本製神話は絶対だった。


添加物の危険性

でも…
こと、ペットフードに限っては違った。
日本のペットフードでも、廉価製品には危険が多い。

2009年以前なんて、人間には禁止しているような危険なものが混入されていたらしい。
もちろん、毒入りフードでペットを殺すためではない。
以下の理由で、添加物を混ぜる必要(?)があったためだ。

防腐剤
劣悪な環境下での輸送にも耐えられるように。
(時に80度を超える苛烈なコンテナで長期間かけても腐らないように)
できるだけ長期保存が効くように
香料
猫のくいつきを良くして売上を増やす為
着色料
人間(飼い主)の視覚的に美味しそうに見せるため
(日本人は食べ物の見た目を気にするもんね〜私もだけどw)

こうした添加物には殺虫剤や除草剤にも使われる猛毒が含まれてる。

「でも、パッケージを見れば、猛毒の添加物などが含まれてるか分かるよね?」

いやいや、残念ながら…
ペットフードに関しては原料比20%未満の配合成分は表示しなくていい、となっていた。
このペットフードは《ダイオキシン系の添加物入り》です、とは書かなくてOK
都合の悪い添加物は記載されないので、パッケージを見ても把握できない。

添加物に関しては、2009年にペットフード安全法で安全基準ができたとは言え、欧米諸国と比べるとまだまだ日本の基準は甘あま

例えば、
『ペットフードの原材料に含まれる添加物を表示する必要』について。
「かにかま」や「チーズ」などの食品をペットフードに配合する場合で、「かにかま」に赤い色素が使用されている場合、色素を原材料として表示することは任意…とある。
原材料に使った食品にもともと毒性のある添加物が入っていても記載の義務はないと言うこと。
ペットフード安全法に関するQ&A参照)

こうした危険を避ける意味でも、無添加で安心できるプレミアムフードが重要になる。

4Dミートに注意!

また、ペットフードには原材料に《4Dミート》が使われているものもある。
価格の安さに飛びついて、大切な家族であるペットを早死にさせないよう注意したい。

    《4Dミート》とは?

  • 死んだ動物の肉(Dead)
  • 死にかけてる動物の肉(Diseased)
  • 病気の動物の肉(Dying)
  • 障害のある動物の肉(Disabled)

聞くだに恐ろしいね。

※参考ページ
4Dミート – レンダリング工場内部の様子、実態
あなたのペットフードの原材料は何ですか?(恐怖のリサイクル)

猫には猫に必要な成分と摂りすぎ注意なものがある

プレミアムフードが安心なのは、材料についてだけではない。
猫が摂りすぎてはいけない成分を抑えて、摂らなくてはいけない栄養をきちんと摂らせる。

猫が美味しいと喜んで食べるから…と何でもあげるのはNG。
うちの母は、前猫のときにこれで泣いた。

毎日、おやつにせんべいあげてたからね。
10才過ぎで腎臓の病気になって、その後は病院でもらう食事に変えてた。
でも、せんべいをあげるのをやめなかった。
「喜んで食べるから」って。
結局、母の前猫は14才で死んだ。
私の前猫が21才で元気なのを見て、だいぶ考えを改め、去年飼い始めた猫にはプレミアムフードだけをあげるようになった。

とにかく!
好物だからと、人間が食べるものをあげていては絶対ダメ。

人間の食べ物は猫用よりも塩分が多い。
(塩分の撮りすぎは人間でもNGだが)
かつおぶしなんかは一度も食べたことなくても猫の本能(?)で食べたがるから、猫が手を出せない所に閉まっておこう!

逆に、好きなものばかりあげていると、猫に必要な栄養が摂れない。

特に注意したいのは…

  • リンの摂りすぎ
  • マグネシウムの摂りすぎ
  • タウリンの不足

プレミアムフードの販売ページを見れば、成分表が載っているので是非一度は見に行ってみよう!

このサイトのサイドバーで紹介してるプレミアムフードの成分を拾ってきた。
自分で調べるのが面倒な人は参考にしてね。
(同じシリーズでも年齢なんかで種類が違うけど、リンク先の商品で調べてきた)
リン・マグネシウム・タウリンで、平均も出してるのでここから大きくブレないレベルがいいと思う。

成分(%) リン マグネシウム タウリン
ロイヤルカナン 0.840 0.070 0.170
メディファス 0.600 0.078 0.110
サイエンスダイエット 0.700 0.085 0.170
パーフェクトフィット 1.000 0.100 0.180
ユーカヌバ 0.100 0.160
ファーストチョイス 0.800 0.100 0.200
ナチュラルチョイス 0.500 0.100 0.180
ナチュラルバランス 1.460 0.100 0.160
HAPPY CAT 0.700 0.070
ビューティープロ 0.700 0.090
ピュリナONE 0.700 0.080 0.150
アカナ 1.100 0.090 0.500
オリジン 1.100 0.090 0.250
ユーカヌバ 0.100 0.160
ドクターズダイエット 0.830 0.083 0.160
カリフォルニアナチュラル 1.200 0.100 0.100
アニモンダ 1.000 0.080
ルシャット 0.500 0.090
平均 0.858 0.094 0.177
我が家の黒猫・康太はよく変な踊りのポーズで寝てる

我が家の黒猫・康太はよく変な踊りのポーズで寝てる

顔半分のエル、わたしの天使ちゃん、見てるだけで「はぁ〜ん(♡´❍`♡)*✧ ✰ 。* 」ってなるきゃわたん

顔半分のエル、わたしの天使ちゃん、見てるだけで「はぁ〜ん(♡´❍`♡)*✧ ✰ 。* 」ってなるきゃわたん

※2014/4/2頃に投稿した記事です